カテゴリ:道具( 6 )

 

出てこないんです。

このタイトルを見て「便秘か?」と思った人、
ちがいま~すってば。


出てこないのはレーズン。
下の写真の自家製レーズン・クランベリー・くるみパンをスライスして
レーズンのたくさん出ているパンの写真を撮りたかったのだが
肝心のレーズンが出てこない。

e0096969_7252826.jpg



食べると中にはぎっしりと詰まっているのに、
切った部分はなぜかレーズンにぶつからないのだ。
何枚か切ったのだがどれもこれもレーズンにぶつかっていない。なんで?


写真の自家製パンの後ろにあるペーパータオルホルダーは物欲炸裂中に買ったコンラングッズのひとつ。

今までペーパータオルホルダーを使っていなかったのは片手で簡単に切断できる物がなかったからだ。このホルダーは力を使わなくても一枚一枚簡単に片手で切れるし、全く倒れる心配もないし重すぎる事もない。私の条件を初めてすべて満たす物だったのでかなり満足している。


ゴキゲンで買ったConranのトースターは、このパンをトーストしたかったから。
Conranのトースター、特別にすごいっと言うほどの物ではないが、
「見たい」と言うメールが来たのでここにUP。

e0096969_7451473.jpg



トースターの中に私が写っているのは・・・ご愛嬌ということで。(^_^;)

このトースターの上の針金みたいな物はここにロールパンやクロワッサンを乗せて
温めるためにある。
普通のトースターはこの針金みたいな物を手でつまんで立たせるのが多いのだが、このトースターはちゃんとレバーがあってそれを押すとキチンと理想的な位置に立たせるくれる。

手でつまむのだとキチンと立たせないとクロワッサンが温めているうちにずれてきてちゃんと温まってくれない事がある。

オーブントースターはこちらにもあるが、日本の物ほど機能が良くないのとオーブンがあるので、ふつうのトースターの方が人気がある。



次回は同時に物欲炸裂買いしたコンランの鍋についてブログUPのつもり。(^_^)/
[PR]

by kreppelandkrelin1 | 2008-02-26 07:26 | 道具  

朝の楽しみ

最近の朝の楽しみはこれ。
フレッシュバターをカイザーブロッチェンに塗る事。

e0096969_11322628.jpg



20年ほど昔の話になるが、初めてフランスでホテルの厨房を見せてもらえることになり、シャンペングラスにフレッシュバターが詰めてある物が水の入ったガラスの容器に逆さまに突っ込まれているのを見た時にかなり驚いた記憶がある。

こうやってバターをいつでも室温で新鮮に保つ事が出来るのだと感心したのだ。


この写真の容器もその原理を応用して作られている。


e0096969_11384388.jpg



左の容器に1.5cmくらいの高さまで水道の水を入れて、右の容器に室温でやわらかくなったフレッシュバターを詰めて、右の容器を逆さまにして左の容器の水の中に入れれば出来上がりだ。 水は2日に1回くらい変えれば真夏でも充分だそうだ。

保存場所はキッチンカウンターだ。つまり冷蔵庫へ入れる必要がない。
いつでも室温バターなので塗りやすく、おいしい。

最近偶然TVで見かけて早速注文した物だが、使ってみて正解だと思った。
これが最近の朝のちょっとした楽しみ。
[PR]

by kreppelandkrelin1 | 2008-01-16 11:48 | 道具  

食材は・・・いまだに不明

ドイツでは今年の第四アドベントが23日。
24日がHeiligabent(クリスマスイブ)。
25日が1.Weihnachtstag(第一クリスマス)
26日が2.Weihnachtstag(第二クリスマス)

と、いうわけで、22日の土曜から26日まで大抵のところはお休み状態。


22日に注文していたプディング型が届いた。(わーい!)



More
[PR]

by kreppelandkrelin1 | 2007-12-27 10:58 | 道具  

じっくりと弱火で・・・

ニューイングランドのマダムが作っていた物と似たような物が我が家では定番である。

作り方をきっちり教えて欲しいという友人のメールリクエストにより、ここに紹介。

まず今日の材料
e0096969_1023933.jpg


モッツァレラ、トマトペースト、ハバネロソース、パルマハム、ソフトトルティーヤ、バジル(あるいは好みのハーブ)
ソースはピザソース、トマトソースでもOK
チーズはパルメザンでも良い、その時はなるべくトマトペーストをワインで薄めて薄く塗る


e0096969_10284770.jpg


トルティーヤをテフロン加工のフライパンに入れ、ソースを塗り、具を乗せる。
この上にさらに一枚トルティーヤを乗せ、軽く手で押さえ、上下を裏返す。


e0096969_10324019.jpg



裏返すとこんな感じの焼け具合。



e0096969_10373958.jpg


ソースを再び塗り、具を乗せ、トルティーヤを乗せ、手で軽く押さえ、上下を裏返す。


e0096969_10412080.jpg




フライパンの蓋をして5分ほど待つ。その間にスープの味の調整。(具沢山の野菜スープがお勧め)


e0096969_10441017.jpg

出来上がったのがこれ、
食べるときに中のチーズが私に向かって「あっかんべー」をしているような気がした。(あーらやだ。) しかし、味はまずます。 今日も満足。

とこで、このフライパンの蓋は・・・
[PR]

by kreppelandkrelin1 | 2006-10-22 11:11 | 道具  

問題解決

大豆から自家製豆腐をつくる「豆腐屋くれりん」としての一番の悩みは、
豆乳を作る時に熱い布袋を手で絞る事だった。

熱い状態で絞るのが一番濃い豆乳が取れて豆腐の味もよくなるので、どうしてもこの方法で作りたい。
手で絞るのはかなりの体力がいる。こんな事を何年もこれ以上するのはいやだ。
豆乳メーカーを注文したこともあるが、満足できなかったので返品した。

いつもなら手の皮の分厚いりっちゃんに最後は絞ってもらうが、そのため豆腐作りはいつも週末となっていた。

週末以外は豆腐を買いに行くのにかなりの費用(電車賃)と時間を要する。
それに手作りほどおいしい豆腐ではない。(-_-)

何とか私一人で簡単に絞れないか・・・ワイン搾り機では大きすぎるし、う~ん。なんかないかなぁ、と、考えていた時りっちゃんがすごい提案をする。

「ポテト・プレスを使えばできないか?」

そうだ! きっと出来る!
ちょうどコーヒー屋のチェーンがそういう料理道具をセールしてた。
早速ネット注文。

e0096969_17324236.jpg


これが3日後に来た。
ドイツ風たまご麺もこれで出来るようだ。(うふふ♪)

翌日試してみたが、ちょうど豆腐1丁分の豆乳を絞る量にぴったり。
これで長年の問題解決。
この道具の費用はこちらで買う豆乳メーカー(高価)に比べると25分の1で格安。
(こういう状態を笑いが止まらない言うのだろう。にんまり。(^_^)v)

壊れてもこれならドイツならどこでも又買える。
丈夫な道具なので簡単には壊れないだろう。
[PR]

by kreppelandkrelin1 | 2006-10-21 17:37 | 道具  

今日もくうざんす♪

この写真のお鍋の蓋の裏側に書いてあるが、
"COUSANCES"と書いて「クーサンス」と読む。

e0096969_8125259.jpg


今はルククルーゼ社に吸収された会社の鍋を何年か前に見た時にりっちゃんは「クーザンス」と読んだ。
ドイツ語のSAは濁り音に聞こえるのだ。

クーサンス、(仏)
クーザンス、(独)
喰うざんす♪
あーら、お鍋にぴったりの名前。(*^。^*)

フランスのスーパーにて、鍋の蓋を持ちニンマリ笑う東洋女、それは私。

このお鍋、ルクと同じくらいがんばってくれる。ルクより気持ち軽いがその分洗い安い。

本当はこのお鍋の中身を明日食べるのだが、試食したかったので、そのまんまテーブルにどかんと置いてしまった。 

トマトパッサートを鍋に流し込んだ後、大雑把にきざんだセロリ、鶏肉、白ワイン、マッシュルームを入れて弱火にかける。

これでパスタと混ぜればおいしくなるかな?と試食する。お、やっぱり良いトマトパッサートを選んだようだ。スパイスも追加する必要が無いくらいいい味になる。

豚キムチが残ったのでこれも入れればいいのにと、りっちゃんの提案により食後鍋にまた入れる。

明日のパスタ。どんな味になるか・・・楽しみ。(^_^;)
[PR]

by kreppelandkrelin1 | 2006-10-13 08:14 | 道具