鍋 その1(現実編)

いくらお鍋に興味があっても置く場所が無ければやはり買う気にはならない。

e0096969_5463750.jpg

しかし、今まで使っていて充分満足していたここ(フランスのストーブ社のアウトレットストア)で買った緑のホーロー鍋を最近お料理作りに目覚めたヤンカ(りっちゃんの姪っ子2号)にあげたのでその鍋と同じ容量の物が必要になった。



いままで使っていた鍋より大きな鍋で作ると温まるのに時間がかかるので電気代の節約に反するし、気をつけているつもりでも目分量で材料を入れると余分に作ってしまう事に気づいた。


ダイエットが必要な体型なのに大量に作るのはタブー。
今年から電気代が37パーセントも値上げするのでオール電化の我が家では熱の出る調理が一番電力を使う事になるのだろうと思う。
普段の調理に無駄が無いか改めて考えてみた。

長年使っていたテフロン加工の16cmの片手鍋もだめになってきた。


次回鍋を選ぶ時はかなり慎重にしたいと考えていた。
もちろん鍋全体の熱効率が良い物や、手で洗う時に洗いやすく取り扱いやすいの物、そしてできれば鍋の蓋が収納しやすい物が理想。
などなど

もちろん好みのお鍋で昔から少しずつ買い足したいと思っている鍋もあるのだが・・・
私にとってはかなり高価。そのメーカーの鍋を2つ同時に買うのは無理。
そのメーカーはセールはめったにやらないし、スイス製だからEUに加盟していないのでドイツで買っても日本で買うのとほとんど同じような価格になる。

う~~ん、どうしよう。
と、思っていたところで、私の条件を満たし良心的な価格で売られている
コンランの鍋をコーヒー屋さんのネットで発見。
この鍋、一つだけ問題なのはIHが使えない事だ。
うちのキッチンはIHとハロゲンが半々のコンロなので問題は無いと思う。
使ってみて不便なら、最近ハロゲンコンロに替えた私の姉にこの鍋をあげてもいいと思ったのでさっそく近所のコーヒー屋さんの支店でコンラン鍋を入手。

e0096969_555068.jpg



この鍋の蓋が平らなのでその上に小さな鍋を乗せてソース類を温めたり、
皿を載せておけばスープや料理が冷めにくくなる。
どちらの鍋の蓋もほかの鍋やボウルにぴったり合うし、
蓋自体が鍋を置くための鍋敷きにも使えるように出来ているのは便利だと思う。

ある程度出費するつもりで数ヶ月ほど節約していたので、
ほかのコンラングッズを買うのも困らなかったが、
でも今月は気をつけないと癖になって物欲炸裂月間になりそうなので・・・
金欠注意報を今から自分のお財布に発令しておこう。

(わが家の給料日は15日)
[PR]

by kreppelandkrelin1 | 2008-02-28 06:10  

<< すこしうれしー♪ 出てこないんです。 >>